ハンドエステとマシンエステの使い分けをするには

>

自分で機器を選び施術をすると安く体験可能なセルフエステも

繊細な施術を好む方には受け入れられやすい

「ハンドエステ」については、年配の方から高評価を得ているトリートメントですが、最新のエステマシンと比べると、どのようなメリットやデメリットがあるか知っているでしょうか。
ハンドマッサージによるエステのメリット・デメリットをご紹介して、最新のエステマシンとの違いについて詳らかにしていきます。
人の手と技術を全て行うオールハンドエステは、機械と比較して繊細なトリートメントが可能です。
微細な調整は、人の手であるからこそできることなので、機械には中々難しいことでしょう。
技術力を駆使した人の手は、繊細な施術を好む方には受け入れられやすいでしょう。
科学的な力を加えずに施術を行っているので、安全性が高いこともメリットのひとつです。
美容機器には、腫れや火傷・色素沈着などの危険が存在します。
しかし、人の手と技術だけを使用した施術法では、やけどなどのトラブルが起こるということはなく高い安全性を誇っています。

エステティシャンの技術力により効果に差が

人から触れられる事により、リラクゼーションの効果を得る事も可能です。
人から触れられる事により、ドーパミンや女性ホルモンなどの分泌量が増えて、リラクゼーション効果・精神安定・美肌効果など様々な効果が得られると報告されているのです。
ハンドエステのメリットの次は、デメリットについてですが、施術だけを行う施術では、エステティシャンの技術力により効果に差が生じてしまいます。
そのため、技術力がまだ身に付いていないエステティシャンでは、お客さんに満足感を与える事が出来ないと考えられるでしょう。
技術力により効果に差が現れるハンドエステについては、エステティシャンの選択が難しいです。
お客さんはもちろん、エステティシャンを採用するサロン側においても選択の難しさは問題となるでしょう。
お客さんが早い解決を望み、効果の高いトリートメントを求めている際には、人の手による施術で満足されないという事もあるでしょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ